2011年5月25日 (水)

復活?

4年ぶりに復活を計っております。

Dscn0052

出来るかな?

| | コメント (0)

2007年10月22日 (月)

広島の旅 最終日

ここ一週間ほど、メールは受信できるのに、
インターネットに接続できない状況が続きました。

いろいろ調べたところ、ウイルスバスターに問題あり。
との結論。
とりあえずウイルスバスターを無効にするとOKなのですが…
四苦八苦しております。

遅くなりましたが、広島の話の続きです。
P8080273最終日 (8月8日) は、広島平和記念資料館へ。
恐るべき、原子爆弾の威力。

よくぞ こんなものを人間の上に…
しかも広島・長崎と2発も
投下できたものだと、怒りがこみ上げてきます。

この怒りを、日本人は忘れてはなりません。
怒りを向ける方向を誤ることなく。

さて、気分の滅入る話ばかり書いてしまいましたが、
新幹線と電車などを乗り継いだ今回の旅行は、
光まぶしい山陽の景色をゆっくり眺めることができ、
また、食べ物も堪能。

116_3 当然、お好み焼き。美味い! (^o^)
お好み焼きの左は 「レモン」 焼きそば!
これも美味い!

広島はレモンの生産量日本一。
123レモンベースの日本酒にもチャレンジ。
これも美味い!
後でお取り寄せしてしまいました。

P8070242これは、呉で食べた海軍カレー。
靖国神社 遊就館のものとは
だいぶ異なります。

他にも、宮島で地元の方から教えていただいた、商店街から少し離れた アナゴの名店などなど。

いろんな意味で、また訪れたいと思った
広島の地でありました。

| | コメント (0)

2007年10月11日 (木)

広島2日目。宮島・呉へ

広島2日目(8月7日)のお話です。

P8070053_2 朝、市電とフェリーを乗り継ぎ 厳島神社へ。
「世界遺産」という言葉(ブランド?)に、なぜか弱い長男は
人生初の「世界遺産」体験に興味津々の様子。

千古の昔 海に浮かぶ 木造神殿を築き上げた技術力。
現在まで 厚い信仰を集める 厳島の神様。
世界遺産に選ばれるのも頷けます。

P8070073 大鳥居の下にも行けました。

P8070110_5 しかし、宮島は至る所 鹿だらけ。
神様のお使いとはいえ、共存はなかなか大変そうです。

参拝後、JRで呉市へ。

大和ミュージアム
http://yamato.kure-city.jp/
軍港・呉市の歴史と、戦艦大和について勉強しました。
P8070171 10分の1 スケールの大和は圧巻。
そして、当時 世界一の戦艦を作り上げた匠の技に感嘆。

厳島神社建立時の平安の昔から続く、
日本の技術力の高さを 今日は改めて感じました。

しかし、この技術力を充分活用できず、
同型艦の「武蔵」とともに悲劇の艦にしてしまった、
当時の軍の硬直した作戦方針には・・・ (涙)

続いて、大和ミュージアム隣にある
てつのくじら館(海上自衛隊呉史料館)へ。
http://www.jmsdf-kure-museum.jp/
P8070186 除籍した潜水艦「あきしお」を地上にあげた史料館。

今年4月オープンしたばかりの、ここも素晴らしい。
自衛隊が、現在 世界一の技を誇るとされる 
掃海について詳しく学べます。
そして何より、潜水艦の内部。
本物ならではの迫力でありました。

限られた空間に様々な工夫がなされておりますが、
この中で過ごす (暮らす?) 自衛官の忍耐力に敬意を表します。

見学に思いの外時間がかかり、
夕暮れが迫っていたので、駆け足で市内観光。

P8070228_2アレイ からすこじま公園では、
現役の潜水艦も眺めることができました。

今日は、軍港として歩んできた呉の歴史にふれることができ感慨無量。
今度は江田島にも足を伸ばしてみたいものです。
(続く)

| | コメント (0)

2007年10月 9日 (火)

ブログ 復活します (^_^;)

パソコンが壊れ、新しく購入したパソコンとの相性が悪く、
ずるずると2ヶ月ほど、お休みしてしまいました。

ようやく 「一太郎」 も導入され、Vistaにも慣れてきましたので、
今日から復活させていただきます。

この2ヶ月、いろいろなことがございましたが、
まずは、家族旅行の広島のことなど、
ぼちぼち書かせていただきます。

P8060022原爆の日の夜、広島に着きました。
早速、原爆ドーム周辺へ。

灯籠流しの列に加わりました。

106_2600円を支払い、灯籠へのメッセージを記入。

107川に流すまで、40分ほど並びましたが、
原爆犠牲者へ追悼の願いを込めた行事に参加でき、
感慨深いものがありました。

2泊3日でしたが、今回の旅行は、
改めて「戦争」を考える よい機会となりました。

原爆被害への想いや考えは、
最終日に平和記念資料館を訪れることで、
ますます深いものとなりますが、続きは後ほど。

| | コメント (1)

2007年8月 6日 (月)

広島へ

バソコンの調子が悪く、
携帯から書き込みです

原爆の日

これから広島へ行ってきます

詳細は後ほど

| | コメント (1)

2007年8月 3日 (金)

ゆかたまつり

日中は気温が上がったのですが、
夜は少し肌寒いほど。

そんな中、大町の商店街で行われた 
「ゆかたまつり」 に家族で出掛けました。

190803_010190803_007商店街の何カ所かに 夜店が並び、
なかなかの賑わい。
 

娘も張り切って浴衣姿に。
さすが女の子です。

190803_009190803_008でも、やっていることは普段と変わらず、 フランクフルトやラムネをねだり、
ボンボン釣りに金魚すくい。

夏祭りの季節、
すでに、母屋の池には、
3兄妹が あちらこちらで捕獲してきた
十数匹の金魚が泳いでおります。

もう金魚はいいよ…

| | コメント (0)

2007年8月 2日 (木)

「昔から、そうしているから」

台風の影響で、南風が強く吹きました。
気温はようやく高くなったのですが、
風のお陰か、強い暑さは感じませんでした。

昨日から 新御霊のご家庭を巡り始めました。
お盆までに数十軒をお訪ねするのですが、
それぞれの家に、それぞれの御先祖様のお祭りの仕方があり、
感心させられます。

水を コップでなく 大皿に汲んで供えるお宅。
「盆ゴザ」を 縦に敷くお宅と 横に敷くお宅。
お盆にも、松を飾るお宅。

などなど。

どの家も、何故そうするのか? という理由を
ちゃんと知っているわけではないのですが、
みな、 「昔から、我が家はそうしているから」とお答えいただきます。

それで良いと思います。

それぞれの家の伝統を再確認していただく、
そんなお盆の季節です。 

| | コメント (0)

2007年8月 1日 (水)

涼しい・・・

朝6時半、西山・八王子神社で月次祭奉仕。

毎月の月次祭では、
その月の気候に合わせた祝詞を奏上します。

例年8月には
「梅雨も明け、強い陽射しが訪れている西山の里」
というような意味の言葉を使うのですが、今年は…
本当におかしな陽気です。

そんな気候のせいでしょうか?

庭にヤマボウシの木が二本あるのですが、
半月ほど前、そのうちの一本の葉が全部落ちてしまいました。

実も付いているのに
どうしたことかと思っていたら、
最近 新しい芽が生えてきました。

190803_013 青い実と新芽が一緒の不思議な光景。

この先 地球は どうなってしまうのか?
少々不安を感じます。
どうか、夏のお天道様の陽射しをお恵み下さい と、
神様にお願いをいたしました。

| | コメント (0)

2007年7月31日 (火)

敗因はちゃんと分析して、しっかり反省しないとね。

一昨日の選挙は、一言で言えば
民主党に一人勝ち。(但し、自民党のオウンゴールによる)
という感じでしょうか?

野党躍進! と言っても、
共産も社民も議席を減らしていますしね。
負けたのは自民・公明だけではない。

新聞報道によると、共産党は

『共産党は、改選5議席維持が困難になったことに関し
「戦術は間違っていなかったが政府、
与党への批判票が民主党に集中してしまった」(幹部)と分析
し、退潮傾向を厳しく受け止めている。
 ただ、志位和夫委員長は29日夜、与党惨敗の結果を踏まえて「与党政権を追い詰める上で共産党が大きな役割を果たした。

今回は議席につながらなかったが次の機会には必ず前進したい」と強調。』

だそうです。
笑ってしまいました。

何故かというと、下の青文字以下の文章は、
元・共産党No.4で失脚した
筆坂秀世氏の「日本共産党」を読了したときの私のブログ
(昨年5月11日)

(氏の共産党批判を)
組織論として読んだとき、
考えさせられる箇所がありました。
それは、「ご都合主義の選挙総括」 という処。

共産党の選挙総括で特徴的なのは
「共産党の方針・政策や党中央の指導は、いつでも正しい」
ということ。

どんなに議席を減らした選挙でも、
党の政策・訴えは意義があり正しかったと必ず言う
敗北したのはマスメディアの報道のあり方などが原因である、
 と他者のせいにする
善戦・健闘したが負けたと、党にとって都合の良いデータのみ
 強調し、党中央の責任を回避する
中央の選挙方針が正しいのに議席が増えないと言うことは、
 一般党員に「あなた方の努力が足りないから負けたのだ」と
 選挙の責任を押しつける。さらに「赤旗」の拡大など
 「党勢拡大 大運動」を一般党員や地方議員にやらせる・・・。

こうした活動の連続で、嫌気のさした党員は活動から離れ、
残った党員の負担は更に増し疲弊する。
党勢拡大どころか「負のスパイラル」になっている。

それなのに、「路線方針は正しいのだから、指導者に責任はない。」 と責任者は反省せず、戦略の見直しなど行わず、
次の選挙でも同じ失敗を繰り返す。

今回の選挙総括も筆坂氏の書いたとおり。

「戦術は間違っていなかった」 が、
「批判票が民主党に集中してしまった」 から負けたって、
言いますが、どんな戦いでも 
戦術が正しかったら、必ず勝つはず。

他の新聞記事で、 「得票総数が増え健闘」とも書いてありましたが、投票率が上がったんだから これも当たり前ですよ。

ホントに反省していませんね。
まぁ、私が日本共産党の事を心配することはないのですが…

同じく、党勢を伸ばせなかった社民党は総括として

わが党は比例代表で2名の当選に留まった。
選挙区での推薦候補は5名当選したが、
全体としてはたいへん厳しい結果となった。
社民党の政策を支持し投票していただいた方には、
心から
感謝を申し上げるとともに、
ご期待に十分に沿えなかったことを
お詫びしたい。

と、述べております。
支持者に 「感謝」 し 「お詫び」 しているだけ、共産党より素直かな?

以前も書きましたが、上の筆坂氏の指摘は、
他の組織にも当てはまることが多いように感じます。

神社界も、「負のスパイラル」状況に陥ることがないか、
常に考えてなければいけないと思います。

| | コメント (0)

2007年7月30日 (月)

一日がかりで

7月も末となりました。
仏式で言う新盆を、
当地の神葬祭家庭では新御霊 (あらみたま) と申します。

神葬祭の御先祖供養では、
卒塔婆を使用しない地域が多いようですが、
当地は 個人のお名前を記した木札を奉製します。

190730 お盆に向け、今日は一日がかりで80本ほど記しました。
全文字 手書き だから、結構大変なのです。

しかし、こればかりは 平林家当主の使命。
あまり上手ではない字ですが、
心を込めて記させていただきました。

| | コメント (0)

2007年7月29日 (日)

一票の行方?

昨日の登山で体力を使い果たし、
本来なら一日中 寝ていたいところですが、
そうは問屋が卸しません。
朝から晩まで 御奉仕の予定がぎっしり。

痛い足も、長時間の正座や、
立ったり座ったりを繰り返すうちに
何故か痛さを感じなくなっておりました。(謎)

ようやく時間が空き、
参議院選の投票に行けたのは 午後7時30分。

190729_002 帰りに、八王子神社境内で行われている
西山地区の納涼大会に少し顔を出し、
8時に家に帰ったら、
テレビで長野県選挙区の 
いち早い当確が報じられておりました。

先ほど投じた 私の一票は大勢に影響がなかったようです。
(o´д`o)=3

まぁ、私が選挙区で一票を託した方は当選していたので、
良いと言えば良いのですが、

これだけ事前予測が正確なら
実際に投票に出掛けなくても良いのでは…
なんて思う人がいても無理はないですね。

少し空しいような気がします。

しかし比例区の方は…
夜遅くまで楽しめました。

| | コメント (0)

2007年7月28日 (土)

2268㍍ 有明山 登拝

190724_006 安曇野のシンボル
信濃富士とも称される有明山
標高は2268㍍

松川村に鎮座する
有明山社の奥宮が山頂に鎮座しております。
今日はその奥宮祭奉仕。

朝5時、氏子総代さん7名と松川村馬羅尾 登山口発。

190728_006 途中、親子白糸滝 (←写真) など眺め
ゆっくりしたペースで 7時不動滝着。

ここから険しい登り。
午前9時 普段の運動不足が祟り、
両足を攣ってしまい、皆さんにご迷惑をかけました。
写真を撮る余裕 全く無し。

険しい登りの連続を何とかクリアーし、12時 山頂着。

190728_019 天気がよければ、
富士山や浅間山も望めるはずですが、
薄曇りで眺望悪し。

山頂では、にわか雨に見舞われましたが、
190728_025 雨が上がると、空はこんな光景。

2時、山頂発。
中房温泉方面へ下山。
こちらも険しい道の連続。

登山の地図には 「下り3時間」 と
標準時間が書いてあったのですが、
3時間40分かかり下山。
体重が2.5㎏ 落ちていました。

中房温泉で 汗を流し、直会。
ここは、文字通り 源泉掛け流しの秘湯。
素晴らしいお湯でした。
ビールを呑みすぎ、減った体重が回復。(^_^;)

有明山は昔から修験者が修行する山。
登山案内にも 「体力のない人は無理」 と記されており、
一歩間違えれば奈落の底という箇所も何カ所か有ります。

20歳の頃は平気で登れたのですが、今回は体力低下を痛感。
次回に向け、筋トレとダイエットを始めます。

| | コメント (0)

2007年7月27日 (金)

何も起こらない会議

某所で会議に出席。

私は、この春から 参加資格をいただいので、
定例の会議は今回が初めてでした。

前年度の決算などが主な議題。
事前に資料が送られてきており、
質問意見がある場合は ○日前までに書面で提出せよ。
とのこと。

・・・ふ~ん・・・?

予算(案)ならともかく、
決算は、ちゃんと説明できる事由があって
お金が動いた結果報告なのだから、
どんな質問でも、その場で答えられるはず。 というか、
答えられなければ いけないものでしょう。

国の予算と違い、
たかだか数ページの決算書なのですから。

事前に質問書送ったりしたら、偽装工作されるかも
しれないじゃないですか。


たとえ丁々発止の遣り取りがあっても
それを 乗り越えられるようでなければ、
どんな組織も 成長しないと思いますが。

まぁ、私も新人なので、
暫くは様子を見させていただきます・・・

ポジションは違いますが、
県議会で事前の質問取りを廃止した
前県知事の気持ちが少し分かりました。

| | コメント (0)

2007年7月26日 (木)

榊葉会 世話人会

サッカー日本代表がサウジアラビアに敗れ、
少々落ち込んでおります。
2度追いついたのに、また突き放されるとは…

是非 28日の3位決定戦では、
スカッと! 勝利をもぎ取って欲しいものです。

昨年も書きましたが、
大町市常盤地区、北安曇郡松川村、池田町池田地区には、
神道で御葬儀をなされる家庭で組織する、
「榊葉会(さかきばかい)」 という集まりがあり、
毎年月遅れのお盆の8月14日、
総合先祖慰霊祭を齋行しております。

本日は「常盤榊葉会の世話人会」を一本木神社 社務所にて開催。
今年の慰霊祭に向け、
年番長の選出など行っていただきました。

いよいよお盆に向け、準備も本格化です。
これから 忙しい時期となります。

| | コメント (0)

2007年7月25日 (水)

住宅竣工式に想う

晴天は昨日一日だけで、今日はまた梅雨空に。

大安でしたので、住宅の竣工式など御奉仕いたしました。

当然ながら竣工式では
新築の家に上がらせていただき、
家の中をお祓いさせていただきます。

最近の住宅をお伺いするたびに 驚くのですが
住宅設備が 様々な点で本当に進化しているます。

オール電化、防犯サッシ、玄関カメラ、集中暖房システム etc…
12年前、私が家を建てた頃は
どの設備も高額で手が届かなかったものです。
それが、今はどのご家庭でも当たり前のように設置されております。

バブル経済破綻後も、
日本の技術は確実に進歩しておりますね。

| | コメント (0)

2007年7月24日 (火)

ふるさとの未来図

190724_002 久し振りに、本当に久し振りに
夏空が拝めました。

でも、梅雨明けではないそうですが…
「今年は猛暑」の予想は 
何処へ行ってしまったのでしょうか?

夜、大町JCの7月公開例会に参加。
「交流から生みだそう! ふるさとの未来図」がテーマ。

190724_012 この大町・北安曇地域の長所短所を
グループディスカッションで討議しました。

一般の皆様からも鋭い意見が出され、
なかなか考えさせられる例会でありました。
また、担当委員会の頑張りも見え、嬉しく思いました。

ここで出されたアイデアを、如何に実現に結びつけるか?
JCの実力が試されます。

打ち上げは2次会までお付き合い。
こちらも久し振りに
呑みすぎてしまいました。

| | コメント (0)

2007年7月23日 (月)

「素敵な」 遺影

顔見知りの建具職人さんがお亡くなりになり、
御葬儀の御奉仕をいたしました。

御年70歳。
お元気だった頃は、
様々な経験が刻まれた いかにも職人という渋い容貌なのに、
ジーンズを履きこなすという、格好いいお父さんでした。

ご逝去の知らせを受け、
お打ち合わせに伺ったおり、ご尊顔を拝すると、
一生懸命 辛い病と戦われた様子で、
お顔が少し小さくなったように見え、
寂しさを覚えました。

昨日は、通夜祭の御奉仕に伺いました。
祭壇には 黒々した頭髪と、
薄いサングラスをかけた 若い男性の遺影が飾られており…

一瞬、お宅を間違えたのかと不安になりました。(^_^;)

遺影のお写真は、30年位前の、若かりし頃のもの。
ご夫妻にお子さんがいないので、
いかにも「おじいちゃん」という写真は使わなかったようです。

永年連れ添われ、二人三脚で建具の工場を営まれた奥様の
御主人への愛情が感じられる
素敵な遺影でした。

私も出来ることなら、今より25㎏も細かった
20歳くらいの頃の写真を遺影に使って欲しいな。
と思ったのですが、
「今と違いすぎて、誰だか解らないよ」
と返されました。

確かに。 ( _ _ )..........o

| | コメント (0)

2007年7月22日 (日)

緑濃く。

とりあえず、昨夜のAFCアジアカップ!!
川口選手に拍手。 (()\\(^.^ ) ドンドン
セーブした瞬間、子供達と大歓声を上げました。

前回、中国開催の時も、PKで
川口選手に大拍手したのを思い出しました。

そして、最後に冷静に決めた中澤選手も偉い!!!
凄いね、ホントに。
この勢いで、是非 連覇を!!

さて今日は、朝から晩まで祭事が重なり
大忙しの一日でした。

190722_001そんな忙しい中でも、ホッとする景色が。
常盤 泉 仏崎付近。
緑が本当に濃くなりました。

| | コメント (0)

2007年7月21日 (土)

「こだわり」の醤油

蕎麦の名店 いわずと知れた 「翁」
http://www.9638.net/daruma/index.html
池田町にも高橋さんのお弟子さんが開いた
「安曇野 翁」 があります。

その 翁 の つゆ に使われるお醤油は
松本で造られております。

地元でも 小売りでは なかなか手に入らないので、
今日は夕方、里山辺の醸造元・大久保醸造さんにお伺いしました。

古くからの歴史が感じられる佇まい。
多分 営業時間外だったのでしょうが、
お店のお母さんには、本当に親切にご対応いただきました。
とにかく 「こだわり」 が伝わってくる醸造所。

190722_003 造られているお醤油も
いろいろな種類がありました。
とりあえず全部買い。

写真の他にも 「本作り ・ 甘露醤油」 を買ったのですが、
こちらはもう封を開けてしまいました。(^_^;)

お豆腐にかけたのですが、
なぜだか懐かしい、まろやかな深い味。

「信州で食べる料理が旨いのは、
味噌や醤油が美味しいからではないか?」
と、どこかのエッセイで読んだ記憶があります。
確かに。

味噌は有名ですが、信州の醤油も地域が誇る文化。
各地域に伝統を誇る老舗があります。
「こだわり」 を持って、
地域の文化を将来に伝えていただきたいものです。

| | コメント (0)

2007年7月20日 (金)

男親として

高校野球の予選も始まり、
今夜はプロ野球オールスターゲーム。
野球の季節です。

私が小学生高学年の頃、男子の遊びといえばソフトボールで、
週1回のクラブ活動は 
クラスの男子全員がソフトボールクラブに所属。

地区対抗の大会もあり、
夏休み前は、毎日 朝練習がありました。

ですので、運動音痴だった私でも、
キャッチボールやバッティングの基本は、
自然と身に付いております。

男兄弟が居なかったので、
壁を相手にキャッチボールなどしたものです。

しかし、いつの間にか大会も無くなってしまい、
私の息子達は、キャッチボールもマトモに出来ません。

190714_002で、先日、息子達を近くのバッティングセンターに連れて行ってみました。
私が子供だった頃と変わらぬ佇まいの、
レトロな施設。(^_^;)

「生きたボール」 を打ったことのない息子達は、
空振りの山を築いておりましたが、面白さに気づいたようです。
「また連れて行って」 の言葉が嬉しかった。

今度は庭でキャッチボールでもしてみます。

| | コメント (0)

2007年7月19日 (木)

畦草の有効活用方?

夏草が伸びてきまして…
午前中は、妻と 草むしり&除草剤散布。

近所でも、あちらこちらから田の畦草を刈る音が聞こえてきます。
昔、畦草は家畜の餌などとなり、有効に活用されていたのですが、
今は何の役にも立たず、ただ刈られ、枯れたら焼かれるのみ。

安曇野をたなびく 畦草を焼く煙は、
夏の風物詩と成りつつありますが、
何とかこれを資源として生かせないものか?

先日 大町JCの まち造りセミナーでメンバーから出された意見。
何か良いアイデアは無いものでしょうか?

190714_010 田圃の稲も伸びて参りました。
美麻・新行の光景です。

早いものです。
あと一月半ほどで、稲刈りの時期です。

| | コメント (0)

2007年7月18日 (水)

第4のビール

梅雨の晴れ間が無く、中々暑くなりませんが、
やはり夏といえばビールの季節! 

まぁ、私は秋も冬も春も、ビールと焼酎なわけですが (^_^;)

今年は、「第4のビール」 リキュール(発泡性)① を
190720_002 たまに呑んでおります。
これが真面目に美味しい。
そして安い。
ジュース並のお値段。

「発泡酒にスピリッツをブレンドした」 ものだそうですが、
冷えたのを黙って出されたら、
まずビールと間違えるでしょう。

13年前、発泡酒が出た頃は、
正直 「なんだこれ」 って味でしたが
その後の進化はもの凄い。

麦芽の比率を下げた発泡酒も、
麦芽を使わない 「その他の醸造酒(発泡性)①」 も
日本のビールメーカーは、
こうゆうものは本当に上手に造りますね。 

「日本人ならではの繊細な技術の結晶」
と、今発売中のDIME (小学館) に書いてありましたが、
まさにその通り。
創意工夫は日本人のお家芸です。

苫小牧の精肉加工会社の社長さんも、
あれだけの技術があるのだから、
はじめから

【「牛挽肉もどき」 だけど、本物と違わぬ味。】

って、正直に売っていれば良かったに・・・

| | コメント (0)

2007年7月17日 (火)

信州の広さを感じました

友人の御尊父様が亡くなられ、
須坂市で行われた御葬儀に参列。

地域の名士で、68歳とまだお若い御逝去を悼み、
大勢の方が御焼香にみえられておりました。

我々の世代も喪主を務めることが多くなりました。
名実共に 社会的責任を担う年齢になったということでしょう。

友人の親御さんの御葬儀に参列する毎に、その感を強くするのは、喪主を務める友人が皆 その責務をしっかりと務めており、
以前より 大人びた風貌に見えるからでしょうか?

190714_005 千曲川の流れ。

東信・北信・中信・南信と大きく区切られる長野県は生活の習慣も地域ごとに異なります。
北信流? の御葬儀に、今日は少し戸惑いましたが、
幸い知人が近くにいたので事なきを得ました。

時間があったので、たまには違った道で帰ろうと、
麻績ICで降り、差切峡を通り、生坂・池田経由で我が家へ。
http://www.vill.chikuhoku.nagano.jp/contents/ePage.asp?CONTENTNO=17

190714_007 この麻積川は犀川に流れ込み、
やがて ゆったりとした千曲川へ。
信州の広さをあらためて感じた一日でした。

| | コメント (0)

2007年7月16日 (月)

そなえよ常に

また、新潟県で大きな地震が起きてしまいました。

「長野県で震度6強」 という報道がされましたので、
多くの皆様から ご心配のお声をかけていただきました。

当地は幸いにして震度3でしたので、
さほどの被害はございませんでしたが、 
被災された皆様には、心よりお見舞い申し上げます。

10時13分 地震発生時は、ちょうど祝詞をあげている最中。

正座をしていると、揺れをしっかり感じます。
今回の地震は、初期微動が比較的長く、
その後 これも長い横揺れがありました。

参列者の 「地震?」 という ざわめく声を背中に受けながらも
祝詞奏上は途切れず続行。

あとで、
「宮司さん、度胸があるね。良く平気だね」
と、参列者から声を掛けられましたが、内心はヒヤヒヤでした。

当地でも、大正7年 (西洋歴1918年) 11月11日
直下型 「大町地震」 が発生し、
家屋全半壊2800戸以上という被害を受けた過去があります。

当日は 午前3時にM6.1の地震があり、
その13時間後の午後4時、M6.5の 
更に強い揺れの地震があったという珍しいタイプの地震だったようです。

静岡・糸魚川構造線の上にある地域です。
地震への備えは常に忘れずにいたいものです。 

| | コメント (0)

2007年7月15日 (日)

みたままつり

当地のお盆は、旧暦で行う風習です。

しかし、東京では今がお盆ということで、
この連休は一月早く、仏式でいう新盆 
当地で神道の家では新御霊(あらみたま)を行うご家庭が何軒かあり、御奉仕させていただきました。

今年は例年より新御霊のご家庭が多いので、
あと一月は何かと忙しい日が続きます。

さて、東京のお盆期間、賑わうのは靖國神社。
英霊の御霊を和める「みたままつり」が開催されております。
http://www.yasukuni.or.jp/index2.html

境内を飾る奉納提灯には、安倍首相のみならず
民主党小沢党首の提灯もあるようです。
http://www.asahi.com/politics/update/0713/TKY200707130453.html

私も20年程前、祭典のお手伝いをさせていただいたことがあります。

新しい社務所も竣工し、境内はだいぶ様変わりしておりますが、
夏の夜に輝く 灯籠の明かりと、
熱心に祈る参拝者の姿は変わりのないものと信じます。

終戦の翌年、昭和21年
長野県遺族会が自発的に上京し始まった 
この みたままつりも61回目。

英霊が本当に心安らかお鎮まりいただける
そんな日本國にしたいものです。

| | コメント (0)

2007年7月14日 (土)

スポーツ天国

「長野県体育センター」などが主催する
第29回「スポーツ天国」というイベントが、
松本平広域公園の陸上競技場を中心に行われました。
http://www.pref.nagano.jp/xkyouiku/taice/spoten.html

様々な競技が行われるのですが、
この中に集団リレーという競技があります。
小学校のクラス単位で、3000㍍ないし4000㍍を、
一人100メートルずつ全員でリレーする。

息子達が通う小学校では、5年生の3クラスが、
このリレー3000㍍に挑戦することになり、
春から練習を積んできました。

足の速い子も遅い子も、とにかく100㍍走り、
次の走者にバトンを渡す。
練習開始時は、3000㍍ ・9分30秒台のタイムだったそうです。

なんとか1人1秒タイムを縮め、本番では8分台の記録を出す。
というのが、長男のクラスの目標だったそうです。

190714_015台風4号の影響で生憎の雨。
しかも雨脚は強くなる一方でしたが、
参加したどのチームも ずぶ濡れになりながら
懸命にバトンを繋いでおりました。

190714_027

自分の順番が終わっても、
大きな声で声援を送り続ける子供達に、
思わず目頭が熱くなりました。

190714_024 結果。
長男のクラスは、17チーム中7位。
記録は8分56秒。

見事目標達成。
努力が報われました。

190714_028190714_029  子供達の喜びは、とても大きかったようです。

いろいろな自信につながることでしょう。

帰宅してから長男曰く
「やったぁ!来週から宿題少ないぞ!」
「なんで?」
「9分切ったら、宿題少なくしてくれるって、先生と約束していたんだ!」

(´Д`;)/ヽァ・・・

| | コメント (0)

2007年7月13日 (金)

3人でお出かけ・・・

これも昨日の話ですが…

一昨日キャンプから帰ってきた長男。
行事の翌日は特別休暇ということで、5年生だけ学校が休み。

私と妻と長男で、松本に出掛けました。

3人だけで出掛けるなんて何年ぶりでしょうか?
次男が生まれるまで、
「お父さん・お母さん」とまとわりつく
可愛い息子と3人で出かけるのは、
この上なく楽しいことでした。

が、それから10年近く…

誕生日が近い長男に、何か欲しいものはないかと聞くと、
「9月に発売されるゲームソフトが欲しいから、今はいらない」
と よく考えた、しかし、つれない返事。

妻が買い物をするときは、
「お母さんの買い物、俺には関係ないから、
 本屋で一人で立ち読みしている」

成長を喜ぶべきなのでしょうか?

| | コメント (0)

2007年7月12日 (木)

選挙

3ヶ月前の統一地方選挙で、
大町青年会議所の第4代理事長である、
諏訪光昭先輩が県議会議員に当選されました。

190713_009 昨夜は、その後援会拡大役員会が
大町温泉郷・黒部観光ホテルで開催されました。

ようやく正常化されつつある長野県政の為、
4期16年の市会議員の経験を生かし、
実力を遺憾なく発揮してほしい旨の激励が相次ぎました。

当選後 初の拡大役員会でしたので、
当選祝賀会も兼ねたかのような賑々しさ。
新しい県議に期待する大勢の人々が集まりました。

さて、本日 参議院議員選挙も公示されました。
一時のブーム・雰囲気や、
マスコミの愚かな論調にのって投票すると、
それを回復するのに何年もかかる事を
長野県民は苦い経験として知っております。

が、今の政治状況を鑑みると…
正直、比例代表どうしようか迷っております。

| | コメント (0)

2007年7月11日 (水)

一人少ないと…

昨日から長男が小学校のキャンプに出掛けております。

私たちの時代と違い
テントも張らず、バンガローに宿泊。
夕食のカレーの煮炊きは、屋根のある炊事場。
帰りには温泉入浴付き
と、至れり尽くせり。

生憎のお天気だったので、これはこれで良かったのでしょうが…

しかし、ボーイスカウトの 「ウッドバッジ」 研修まで経験したことがある 私としては、全てお膳立てが整ったキャンプは やはり物足りない。

雨の中、どこからか必ず漏れてくる雨水と戦いながら 
過ごす夜というのも良いものなのですがね…

薪を集めたり、かまどの石を積んだりすれば、男の子が、
男らしさを見せることが出来るチャンスだと思うのですが、
どうやら息子達のキャンプでは女の子が主役。
男子はわき役のようです。

さて、長男だけが居なかった昨夜の我が家。

こうゆうシチュエーションは初めてなので、
次男は「ケンカ相手が居ない」と 口数少なくいつもの元気がありません。

いつも親と添い寝の長女は
「空いたお兄ちゃんのベッドで寝る」
と張り切っていたのですが、
やはり寂しくなったのか、
直ぐ私の隣に潜り込んで来ました。

一人いないと、なんだか家族のリズムが狂うようです。

| | コメント (0)

2007年7月10日 (火)

破格の値段でゴルフ

半年ぶりのゴルフです。

場所は信濃町・野尻湖から20分ほどの
斑尾東急ゴルフクラブ
http://www.tokyu-golf-resort.com/madarao/index.shtml

190713_003 「タングラム斑尾スキー場」 の
隣にあるゴルフ場
と書いた方が長野県民には通りが良いでしょうか?

相変わらず、練習場にも行かずにいきなりクラブを振りますので、あちらこちらと、そぼ降る雨の中を右往左往。
同伴者にはご迷惑をお掛けしました。

池が何カ所か有ったのですが、
ボールを必ず池の神様に 「お供え」 する始末。

「お前の落としたのは、金のボールか? 銀のボールか?」

池の底から 女神様が現れそうです。(^_^;)

常用カートのセルフプレーで
昼食はバイキング。
何種類も有るカレーが結構美味しかった。

190713_005レストランには、大町の酒蔵 市野屋商店の銘酒 「不滅の巨人」 も有りました。
残念ながら、私は運転だったので呑めませんでしたが…

更に 驚愕したのは支払いの時。
割引が効いて プレー代
 (」゜ロ゜)」 ナント  6500円。 しかも昼食代込み。
破格のお値段です。

一昔前なら考えられない値段。
チョット遠いけど、また行きたいと思えるゴルフ場でした。

| | コメント (0)

«船舶ライト